慶應義塾大学 SFC 武田圭史研究室×国際災害対策支援機構

5月30日実証実験実施報告

研究課題
災害対応におけるヘリとドローンの併用可能性に関する研究

研究内容
ヘリ飛行下におけるドローン運用に関わる課題の抽出

実証実験
東京ヘリポートから京都ヘリポートまで移動(機体EC130)

・慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス上空視察、キャンパス上空でのドローンとヘリの遭遇ポイントなど課題の抽出

・箱根から山岳地帯を上空視察、山岳地帯の山陰など、ドローンとヘリの遭遇ポイントなど課題の抽出

・海岸や河川での、ドローンとヘリの遭遇ポイントなど課題の抽出

・市街地でのドローンとヘリの遭遇ポイントなど課題の抽出

・匠航空京都ヘリポート内で、ヘリ(各機体)のダウンウォッシュによる近距離での影響を測定

・匠航空京都ヘリポートにて、ヘリパイロット、ヘリ教官、ドローン講習教官と、ヘリ飛行下におけるドローン運用についての意見交換を実施

まとめ
ドローンとヘリコプターが空域を安全に共有できる状況を作るには、ドローン操縦者がヘリの視点や上空情報を共有する事が必要で、ヘリコプター運用、特に安全運行のための実際の要領を把握し今後の研究活動の前提とする。

研究代表者および研究計画責任者
上席所員(常勤)武田圭史(環境情報学部・教授)
松尾悦子(財団法人国際災害対策支援機構・代表理事)

協賛 : 坪井工業株式会社・匠航空株式会社
協力:株式会社AirX・株式会社FREEBIRD

※協力・協賛頂ける企業・団体募集中