2019年11月2日の「なぎさ遊覧飛行「空中さんぽ」&防災フェス㏌市民プラザ」イベント実施詳細

2019年11月2日大津市で行われた地域の観光発展と民間防災を普及するイベント実施詳細です。

■ヘリでの物資搬送デモンストレーション
よくある観光用の小さな機体で物資輸送先まで残り1マイルピストン輸送を行うデモンストレーションを実施。
障害物を乗り越え、より迅速に届けることが出来る事の実証実験を行いました。

ヘリで1回の輸送内容:70名1日緊急使用分(水・クリアBOXケース・レトルトごはん・カップラーメンなどの簡易商品・ティシュ・トイレットペーパー・電池など生活用品)
機体:R44

■物資無料受取体験会
実際の支援物資を受け取ってみることができる体験会です。
カレー/水/サプリメント/文具

協力・協賛企業からの支援物資無料配布を行いました。
□淡路島カレー 
提供:NPO法人淡路島活性化推進員会
□こしき海洋深層水 
提供:こしき海洋深層水株式会社
□「オカザえもん」ボールペンとクリアファイルセット 
提供:愛知産業大学

非常用物資展示ブースでは
・非常用工具キット
・緊急用トイレ
・ガス発電機
・地震速報自動受信型
・LEDランタン など展示
実際に手に取り使い方を確認できる体験ブースです。

■弁護士による災害時の生活再建支援ブース
ブースでは、被災者ノートや弁護士会ニュースなど、これまでの被災地における弁護士無料相談窓口の歩みなど閲覧でき、弁護士相談も行いました。

■弁護士セミナー
「はじめて考える、災害復興の話」菱田昌義弁護士(神戸)
 日本弁護士連合会から配布されている被災者生活再建ノートの活用や法改正がどのように行われ、災害復興が進められてきたかなど、災害経験のない人にもわかりやすいセミナーでした。

「災害からくらしを再建する」堀井秀知弁護士(徳島)
日本弁護士連合会から配布されている被災者支援情報のチェックリスト集を活用して災害時に支援制度を確実に利用し、災害からの復旧・復興につなげることや、東日本大震災無料法律相談の事例など各地域の弁護士会がどのように活動し地域によって違ってくる課題について考え、どのように再建していくかわかりやすいセミナーでした。

■愛知産業大学と国際災害対策支援機構との共同研究展示ブース
防災・減災に利活用されるAI(人工知能)の最先端~ドローン導入で変わる災害対策~について、災害対策が自動的に社会実装できる計画実施内容をパネル展示しました。

■愛知産業大学セミナー
減災を常時内包する社会を実現するスマートデザイン構想について、身近にある事例を基に説明しました。
未来の救助救命オペレーションの自動化(自律による自立)への対応についてや、災害後瞬時配備(反応)ができる街づくりについてわかりやすい説明でした。

イベントをきっかけに、身近におこる災害について見つめ直し、そして被災地に心を寄せて頂ければと思います。

地域の観光発展と民間防災普及イベント

2019年11月2日の「なぎさ遊覧飛行「空中さんぽ」&防災フェス㏌市民プラザ」イベントで、セミナーを実施します。
ご興味にある方は、ご参加ください。
11時 弁護士セミナー
「はじめて考える、災害復興の話」 菱田昌義弁護士(神戸)
14時 愛知産業大学「共同研究AIドローンの早期救助支援による防災と減災」
15時 弁護士セミナー「災害からくらしを再建する」
堀井秀知弁護士(徳島)
イベントをきっかけに、身近におこる災害について見つめ直し、そして被災地に心を寄せて頂ければと思います。

地域の観光発展と民間防災普及イベント

「なぎさ遊覧飛行「空中さんぽ」&防災フェス㏌市民プラザ」イベント
日時:2019年11月2日(土)10:00~16:00
場所:大津市民プラザ・滋賀県大津市由美浜
主催:滋賀県大津市・まちづくり大津
協力:匠航空株式会社/(一財)国際災害対策支援機構/株式会社AirX/株式会社タヌキテックス/株式会社FREEBIRD/愛知産業大学
協賛:NPO法人淡路島活性化推進委員会/こしき海洋深層水株式会社/ベリタス販売株式会社/愛知産業大学

イベント概要
地域の観光発展と民間防災を普及するイベント
遊覧飛行・匠航空株式会社ヘリでの物資搬送デモ・国際災害対策支援機構物資無料受取体験・弁護士防災セミナー・愛知産業大学防災AI研究セミナー

遊覧観光参加者:70名
機体:R44/EC130/AS350

ヘリ輸送内容:70名1日緊急使用分(水・クリアBOXケース・レトルトごはん・カップラーメンなどの簡易商品・ティシュ・トイレットペーパー・電池など生活用品)
機体:R44

無料体験物資提供:カレー/水/サプリメント/文具

弁護士防災セミナー:「はじめて考える、災害復興の話」菱田昌義弁護士(神戸)「災害からくらしを再建する」堀井秀知弁護士(徳島)
愛知産業大学セミナー:「共同研究AIドローンの早期救助支援による防災と減災」

イベントをきっかけに、身近におこる災害について見つめ直し、そして被災地に心を寄せて頂ければと思います。

台風19号被災地での民間ヘリ緊急時活用実施

台風19号被災地民間ヘリ緊急時活用
10月15日実施
東京へリポートから長野県小布施町営グラウンドへの物資輸送
輸送内容:アレルギー配慮リゾットpotayu・アレルギー配慮ミートボール・非常食ミートボール・除菌シートやスプレー、容器など。250キロ
物資提供:石井食品株式会社
機体:ロビンソンR44
ヘリ運航会社:匠航空株式会社
協力:株式会社AirX


台風19号被災地民間ヘリ緊急時活用10月15日実施
東京へリポートから長野県小布施町営グラウンドへの物資輸送

輸送内容:アレルギー配慮リゾットpotayu・アレルギー配慮ミートボール・非常食ミートボール・除菌シートやスプレー、容器など。250キロ
物資提供:石井食品株式会社

台風19号被災地での民間ヘリ緊急時活用窓口

台風19号被災地での民間ヘリ緊急時活用窓口のご案内
連絡先; info@unglobal.org メール件名:民間ヘリ緊急時活用
(一財)国際災害対策支援機構では、台風19号の被災地において被災地域情報別に災害特性を把握し効果的な活動を実施する必要があると判断し、当機構のレスキュー事業連携先である匠航空株式会社と協働して民間ヘリ緊急時活用窓口を開設することになりました。
依頼者(個人可)の判断レベルで民間ヘリコプターを出動しますので、ヘリコプターを必要とする場合は、迷わずに当機構までご依頼ください。
連絡先; info@unglobal.org  メール件名:民間ヘリ緊急時活用
【ヘリコプターの活用方法】
人員搬送・物資輸送・現地視察・上空撮影
(より細かな空域サポートが必要な場合、ヘリに加えてドローンとパイロットを搬送)
【ヘリコプター依頼者が行う必要があること】
・ヘリコプター着陸ポイントの確保(半径15m以上)
 ・ヘリコプターの風下に人が入らないよう周知
 ・航空会社と連絡用の電話番号を準備
【ヘリ活用費用】
1機あたり1時間15万円から(消費税別)
(パイロット1名・地上員1名同乗込み)
※被災地負担軽減に協力・協賛頂ける企業・団体募集中。
(内容にあわせて見積もり可能)
【ヘリ活用費用の支払い】
・後日清算可能、支払方法についても相談可能(クラウドファンド実施後に支払など)
【ヘリ運航会社】
匠航空株式会社(本店所在地:岡山県岡山市南区浦安南町672-1)
(JPD京都ヘリポート:京都府京都市伏見区向島柳島1) 
匠航空株式会社は、JPD京都ヘリポートに軸足を置き、京都、岐阜、東京、千葉、栃木、岡山、北海道と全国各地で活動を展開する航空運送事業会社です。
2017年雑誌経済界が主催する「経済界大賞・金の卵発掘プロジェクト2016」人命探索機器『ヒトココ』のサービスの一つである『ココヘリ』のメインサポーター。
民間ヘリでのレスキュー対応経験多数あり。
【緊急フライト待機中ヘリ機種・機体数】
関東地域
機種:ロビンソンR44 2機(待機中)
活用方法・上空撮影・視察飛行・人員搬送(3名)
長野・石川地域
機種:ロビンソンR44 1機(待機中)
活用方法・上空撮影・視察飛行・人員搬送(3名)
京都へリポート(長野まで1時間で到着可能)
機種:ロビンソンR66 1機(待機中)
活用方法・上空撮影・物質輸送・人員搬送(4名)
機種:AS350B 1機(待機中)
活用方法・上空撮影・物質輸送・人員搬送(5名)
機種:EC130B4 1機(待機中)
活用方法・物資輸送・人員搬送(6名)

技術力・開発力強化推進支援事業

災害対策に関する国際的、学際的視点からの調査研究の実施及び成果等の公表

災害現場の状況を専門的に判断するAIによる情報判断と 
マイク等による避難誘導を行う事に特化した 
ドローンの研究・開発を行っています。

ドローンは、人々の安全を守り、未来を守る、素晴らしもの。 
守って頂くという意味でGUARDRONEガードローンと命名 
命名者 松本零士氏

国際災害対策支援機構は、技術力・開発力でSFの未来が実現する災害対策を目指しておりGUARDRONEを活用した各種セミナーの実施、ボランティア活動、イベントなど行っています。